森本バレエ構成・演出・監修の「陰山 泰」NHKドラマへ出演

森本バレエ構成・演出・監修担当の俳優「陰山 泰」がNHK特集ドラマ『アイドル』 8月11日(木・祝)19時30分~に出演いたします。

皆さん、是非 俳優「陰山 泰」をご覧ください~!!

森本バレエ研究所

◆番組紹介情報

https://www.nhk.or.jp/music/programs/469921.html

森本バレエ研究所

番組内容

いつの時代も若者を熱狂させ、ときめかせる“アイドル”。 昭和初期から終戦間際まで、戦時下の日本で、1日も休むことなく営業を続けた劇場「ムーラン・ルージュ 新宿座」。そこは、“アイドルに会いに行ける劇場”でもあった。 ファンとともに成長し、劇場の絶対的エースとなった明日待子(あした・まつこ)。 日本が戦争へと進む中でも、ファンの声援に笑顔で応え、ステージで歌い、踊り続けた… この番組のテーマは“戦時下のエンターテインメント”です。明日待子という一人のアイドルの青春を描いたドラマでもあり、劇場での歌とダンスを贅沢に物語に取り込んだ、音楽ステージ・ショーでもあります。当時実在した登場人物や劇場をベースとした、オリジナル作品です。 【あらすじ】 昭和11年、岩手から上京した小野寺とし子(古川琴音)はスターになるため、新宿の劇場 ムーラン・ルージュのオーディションを受ける。その場で支配人兼プロデューサーの佐々木千里(椎名桔平)や劇場の看板女優・高輪芳子(愛希れいか)の目に留まり、座員として劇場で働き始める。 とし子は下積み生活を続け、寝る間を惜しみ、1日の大半を稽古や本番のステージに費やしていた。 そんな中、ある事がきっかけで、とし子はステージのセンターに立ち、歌い踊ることになる。 半年後、とし子は名前を“明日待子”に変え、同僚の小柳ナナ子(田村芽実)らとともに、若手グループを結成し、圧倒的人気を誇っていた。大勢のファンが詰めかけ、劇場は連日満員御礼となった。待子は不動のセンターとなり、ファン一人一人の恋人“アイドール”となった。 その一方、日本は戦争へ突き進み、その影響はムーラン・ルージュにも及んだ。劇場のシンボルだった赤い風車が取り外され、看板俳優の山口正太郎(山崎育三郎)も出征し、やがて待子も戦地のファンの 期待に応えようと、戦争に協力していく…。 【作】八津弘幸 (連続テレビ小説「おちょやん」、「半沢直樹」、「下町ロケット」、「陸王」など) 【音楽】宮川彬良 【出演】古川琴音 山崎育三郎 愛希れいか 正門良規 (Aぇ! group/関西ジャニーズJr.) 田村芽実 椎名桔平 ほか 【制作統括】内田ゆき 【プロデューサー】渡辺哲也 石村将太 【演出】鈴木航 【ステージ演出】池田泰洋

◆山崎育三郎さんの出演コメント

https://www.nhk.jp/p/ts/98L13QPNKX/movie/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。